--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2008’10.11・Sat

footprints

足跡
ある夜、ある男が夢を見ました。
主と二人で海辺を歩いている夢でした。
空には人生の様々な出来事がまるで走馬燈のように
ひとつ又ひとつと浮かんでは消えていきました。
そしてその度ごとに砂の上には二つの足跡がついていました。
ひとつは自分の
そして直ぐ側には主の足跡が並んでいました。

やがて最後の出来事が繰り広げられました。
男は砂浜についた足跡を振り返りました。
足跡はずっと続いていました。
しかし、いたるところで足跡がひとつになっているのです。
しかもよりによって人生の中で絶望と悲観に明け暮れていたその時なのです。
男には分かりませんでした。

そこで主にこう尋ねました。
主よ、あなたに従うと決心をした時
あなたはどんなことがあっても私と一緒に歩いて下さるとそうおっしゃいました。
しかし、わたしが最も苦しんでいたときに限って足跡はひとつしかありません。
私には分かりません。
私が心からあなたを求めていた時
主よ、あなたは何故私を捨てていってしまわれたのですか。

主は応えられました。
我が子よ、かけがえのない私の子よ。
愛するおまえを決して見捨てはしない。
おまえが試練にあって苦しんでいた時
その時のあのたったひとつの足跡
それはおまえを背負って歩いた
私の足跡なのだから…








leona lewis- footprints in the sand

Thank you Uploaders

スポンサーサイト

CategorieDear VanNess  - コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
Next |TOPBack

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。